保険見直しの必要性

現在、生命保険や個人年金保険等の保険加入率は、男女共に80%を超えています。数字から見ても保険の必要性を感じている方々が多いことが分かるでしょう。現在のあなたの保険は、あなたにとって最良の保険でしょうか。保険に加入されている方でしたら、自身の保険の担当営業員が度々保険の見直しをご提案してくれた経験をお持ちではないでしょうか。その時あなたは素直に受け入れ、許諾するということは中々難しいでしょう。保険料が家計を最も圧迫している項目の一つという方が多いのではないでしょうか。

もちろん最新の特約満載の保険に入ることがベストですが保障が良くなった分、保険料もそれ相応のものとなります。契約者の方は、保障内容よりも保険料を気にしている方が多いのですが、保険料が変わってしまうから見直しはしない、という概念を一度捨ててみることも時には必要です。見直しをしないままでは、現在の最新保障内容の情報を知りそこなってしまい、どんどん時代遅れの保険へとなってしまうのです。保険も常に進化・進歩しているのが現状です。その進化・進歩に乗り遅れてしまっていると、現在では保障されているべきモノが保障されないという事態が発生してしまいます。

その事実を知った日には、時すでに遅く、保険の見直しも自らおこなう事が出来ない状態になってしまうなどの後の祭り状態に陥ってしまいます。例え、同じ保険会社の保険だとしても加入時期により、特約が充実しているなど保障内容が全く異なってきます。そのため、加入しているから安心・保険料を支払っているから満足ではなく、きちんと自身の保険内容を把握して新しい情報に耳を傾けることが重要です。

解約前に保険見直しを

保険料の支払いに苦しい時、すぐに解約という考えは間違いです。保険会社や保険の内容により貸付を受けることができたり、減額をしたりすることが可能な場合があります。解約はすぐに出来ますが、後に再度同じ保険料で同じ保険に入ること・・・

詳細はこちら

保険見直しは把握から

保険の見直しに当たって、まずは現在の保険の内容をキチンと把握することがカギになってきます。主契約は何か、特約内容・更新時の時期と更新後の保険料と確認するべきです。その名の通り、自身の保険をじっくりと見直ししましょう。そこから保・・・

詳細はこちら